アイフルなら即日融資も可能。駅周辺のATMでキャッシング!

即日融資のアイフルキャッシング

>>【アイフル】誰にも知られずカードを受け取れます!融資可能か1秒診断。

簡単申込みや即日融資でおなじみのキャッシングサービスアイフルでは、融資をお急ぎの利用者の方が、さらにスピーディーに融資が受けられるサービスを展開しています。通常申し込みよりもより迅速に融資が受けられるその方法とは、一体どのようなものなのでしょうか。

通常、アイフルではパソコンやスマートフォン、携帯からのオンライン申込みが完了後、審査に入ります。審査結果は電話で連絡され、その後は本契約に進み、場合によって申込み当日の午後には振込みが完了する即日融資を行っています。ただし、表示時間はあくまでも目安であるので、実際は申込み内容や利用者の総数によっていつでも誰でもが迅速なキャッシングというわけにはいきません。

そこで利用したいのが、アイフルをさらにスピーディーに利用する方法です。即日融資をより確実なものとするその方法では、通常と同様にインターネットから申込みを完了したあと、アイフルフリーダイヤルに連絡します。そうすることで優先的に審査を行ってもらうことができるので、審査結果の通達までに掛かる時間をぐっと短縮することができ、いち早く融資を可能にします。

リスト 自動契約機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
アイフル急ぎ借り入れ
アイフル公式ページ

アイフルの利用条件と審査基準

消費者金融の大手アイフルの貸付対象者は満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する方と定められていて、補足に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただますとあります。そのため対象年齢は20~69歳で定期的な収入と返済能力がある人という事になります。

特に正社員でなくてはいけないというのは定められていないので、アルバイトや自営業の人でも申し込みは可能です。この条件だと比較的審査が通りやすそうな消費者金融のような感じがします。

審査でチェックする点は申込者の年齢、勤務先、年収でこれらを属性スコアリングというシステムで審査の可否が決定します。コンピューターによる審査なのでアルバイトや自営業の人も比較的審査が通りやすいのです。しかし過去に返済遅滞の踏み倒しがある場合は審査の通る可能性は低くなってしまいます。金融業者はお金を貸す側なので信用というものを審査においてすごく重要視します。そのため過去に返済遅滞の踏み倒しがある場合は定期的な収入があってもキャッシングを利用出来ない可能性が高くなってしまいます。

アイフルキャッシングの返済手段

来店不要でキャッシングの契約が可能なアイフルは、忙しい人や他の人に知られることなくキャッシングの契約をしたいという人には最もおすすめできるキャッシングの一つと考えられます。 申込がしやすいという点に大きなメリットがあるアイフルのキャッシングですが、返済方法も数多くの手段が用意されているので、利用者の都合に合わせてそれぞれ最適な手段で無理のない返済をすることができるようになっています。

アイフルのキャッシングの返済方法について具体的に紹介をしますと、銀行振込による返済・アイフルの店舗からの返済・アイフルの専用ATMからの返済・提携ATMからの返済・口座振替による返済・マルチメディア端末を利用したコンビニ返済、という具合に分けることが出来ます。

因みにこの中で手数料などが無料となっているのは、アイフルの店舗からの返済・アイフルの専用ATM・口座振替による返済の3パターンのみで、他の返済方法の場合は手数料などがかかってしまうので、予めよく注意しておきましょう。

アルバイトでもキャッシングは可能

アルバイトはやはり何かと社員との待遇の違いがあるのは間違いありません。ですからキャッシングをしたいと思っても、アルバイトの自分には無理だと最初から諦める方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際のところキャッシングに関しては、アルバイトであっても正社員であっても関係はありません。どちらの方も同様にキャッシング自体はできる可能性があると言えます。ただし、借り入れができる金額などは信用の高さで決まりますからそこでは差が出ると覚えておきましょう。

カードローンなどであれば、キャッシング申込の条件は安定した収入があることです。ですから仕事をしていて安定的に収入があるという方であれば、社員であってもパートであってもアルバイトであっても関係はありません。

アルバイトをしているという方の中で、キャッシングをしてみたいと思われている方はきっと多いはずです。そういった方々にとって、ここで解説をしてきたことがお役に立てばと思います。

増額申込みの前に

カードローンやキャッシングを利用していると、「もっと借りたい」と思う瞬間は往々にしてあり得ます。利用している最中に限度額が足りなくなってしまったという場合もありますし、最初から希望額に達していなかったという場合もあります。そんな時に検討する方法が「増額申込み」です。

増額申込みとは、その名の通りカードローンやキャッシング会社に対して「もっと貸してください」とお願いするものです。申し込みがあると、その人のこれまでの実績などから審査が行われ、可決されれば信用に応じた金額が増額されるという流れになります。 増額審査で行われる内容は契約時のものとは違うとされ、むしろこちらの審査の方が厳しい基準で判断されることになります。ダメ元で申し込むことにはリスクが付きまとうため、申し込み前には一度冷静になって考える必要があります。

より確実に増額を実現する為のポイントとなるのは「打診があるかどうか」です。利用者側から増額申込みをすることはもちろんできるのですが、この場合は否決されてしまう可能性が高くなってしまいます。なぜならば、カードローンやキャッシング会社にとって「この顧客は優良顧客だ」と思える人であれば「もっと借りてもらいたい」という評価になってくるため、いち早く「増額してもっと借りませんか」という誘いがあります。

このような打診があるという事は、すでに内部的な審査が完了していて申し込みがあれば即時承認できる状態であるという事でもある為、必要性があればすぐに増額することが出来ます。打診が無い状態というのは内部的に「増額の可能性なし」と判断されている場合が多いです。 つまり、どうしても増額したいと思っているのであれば「打診」を貰えるように実績を積み信用を高める努力をした方が確実だという事です。

↑ PAGE TOP